2020.10.12更新

バンダ系とファレノプシス(胡蝶蘭)

 蘭の中でもギフト商品として有名な胡蝶蘭!と最近話題の着生ラン、バンダをご紹介します。

@バンダの原産地と性質
  バンダの原種は主に東南アジアの熱帯地域に分布し、空中湿度の高い環境で木々に着生しています。そのため、温度と湿度、通風を好む種類が多いが、最近は交配も進みヒマラヤ系(セルレア)などとの交配種は寒さにも強い。「越冬温度は10℃以上」、「高湿度」、「通風」、「水を好む」そんなことを頭に入れながら栽培してください。

A胡蝶蘭の開花時期と植え替え
  原種は咲く時期にばらつきがあるのですが、今日の交配種に関しては、多くは冬から春にかけてが開花期です。そのため花芽の伸びている秋から冬にかけて栽培温度には気を配り、あまり低温にならないように心がけてください。また、植え替えは生長期の初夏が適期です。花が終わり、新芽が少し展開してきたら植え替えを行いましょう。基本的には、素焼き鉢で水苔で植えますが、原種などで湿度が保てるようなら、コルクやへごに着けるのも野趣があり風流と思います、挑戦してみて下さい。
B胡蝶蘭の基本的な栽培の仕方
  春に新芽の伸びを見て植え替えし、その後肥料を週一回のペースでやります。遮光は日光が強くなってきますので50%遮光を基本に行って下さい。また、新芽が柔らかい時期なのでナメクジなどに注意し駆除剤の散布を行いましょう。
  夏は、他の多くの蘭は少し暑がり中休みとなるのですが、胡蝶蘭は元気に生育します。夏も引き続き肥料をやり、遮光を70%程度と強めてやります。水やりはこの時期には夕方灌水するのが基本です。
  秋は、生長が止まってきたら、施肥を止めて、花芽の出るのを待ちます。遮光も50%に戻しましょう。灌水も徐々に控えていき、花芽が出るのを促します。
  冬は、なるべく暖かい場所へ最低温度が15℃以上に保つように、灌水は根腐れを起こしやすいので、完全に乾いたらやります。花芽が伸びてくると思うので、日光の当たる方へ花芽を向けてやり、伸びてくる度合いに合わせて、徐々に支柱をしてやります。 

マークのご説明!新入荷品です。おすすめ品です。初心者の方向け品種です。特に香りが良いものです。

写真 品名 サイズ 価格 開花時期
説明
   
 Phal.tetraspis
テトラスピス
BS  \4,950  不定期  花柄が咲くごとに異なる変わった原種
現在花茎付き(板付け) 
   
Phal.cornu-cervi Redtype
コルヌセルビー レッドタイプ
BSサイズ  Soldout  不定期  花梗の先に次々と花芽が出来、ほぼ周年咲き続ける。
Phal.cornu-cervi alba
コルヌセルビーアルバ
BSサイズ Soldout 不定期 上記のアルバ個体
レモンイエローの花をほぼ周年咲き続ける
   
Phal.fasciata
ファシアタ
BSサイズ  \3,300  不定期  フィリピンの原種
黄色地に茶色の縞模様が入る小輪花で不定期に次々と開花する
板付けあと1株のみ!
 
 
Phal.schileriana
シレリアナ 
BSサイズ  \7,700  春  フィリピンの原種
ピンク花を枝分かれして多数着花させる。
ヘゴ板付け
1株のみ
 

 
 
V.low Sneary
バンダ ルースネアリー
 
BSサイズ  ¥1,320  夏  フウランとバンダの交配種で株は極小型(7.5cm鉢)
白地に弁先が紫色、芳香あり
   
V.Mikawa Blue Ocean
バンダ ミカワブルーオーシャン
 
BSサイズ  ¥1650  夏  上記に似るがブルーの色が濃い、芳香あり 
 
 
V.Pachara Delight'Blue No.1'GM/JOGA
バンダ パチャラデライト‘ブルーNo.1’ 
 
BSサイズ  \5,500  不定期  濃青紫色の大輪整形花
今出回っているバンダでは一番濃色
 
V.(=Papilionanse)
teres'Ohyamazaki'
テレス'大山崎'
BSサイズ ¥2,200 不定期 蘭花譜に記載されている銘花でピンクの大輪花を多数着花させる。
値下げしました!
 
 
V.Teacher Fantastic
ティチャーファンタスティック
 
BSサイズ  ¥4,950   不定期 濃青紫時に斑点が入る大輪整形花
新品種 
   
V.YanoBlue
ヤノブルー 
BSサイズ  ¥4,950  不定期  明るいブルーの大輪花
花付きが良い品種です。 
   
V.Veeraphol
ベイラフォル
BSサイズ  ¥4,400  不定期  黄色の中輪花で株はコンパクト 
 
 
V.Chulee White
チューリーホワイト 
BSサイズ   ¥5,500  不定期  白の大輪整形花、人気品種 
                 
バック トップ メール